安心して気軽にご相談頂ける心のケアとサポート。

横須賀 ファミリー
カウンセリングセンター

カウンセリングルーム

よくあるご質問

質問 1: カウンセリングとは何ですか?
 カウンセリングでは私たちが日々遭遇する様々な困難や問題を病的なものとしてではなく、成長の契機として捉えます。ですから基本的に人を治すのではなく、良い方向に変われるように援助する事を目的とします。そしてその援助は各人の個性や自主性を尊重しながら行われます。無理やり人を変えようとするのではなく、人の内に潜む成長しようとする力を引き出し、変わろう・変わりたいという心を応援するのがカウンセリングです。そのためにまずじっくりと来談者の話に耳を傾けることから始め、どうすれば悩みや問題が解決できるか一緒に方法を考えて行きます。

質問 2: 話を聞いてもらう以外にどのようなことをしてもらえるのですか?
 来談者の中には話を聞いてもらっただけで気持ちがすっきりしたり、あるいは問題の解決に自ら気付く方もいらっしゃいます。しかし多くの方は精神的に行き詰まり自分ではどうすることもできない、助けて欲しいという気持ちでカウンセリングにやってきます。カウンセラーはそういった方々と共に悩みや問題を取り巻く状況を様々な視点から分析・検討し、一緒に解決方法を探ってゆきます。場合によっては簡単な日誌や行動記録をつけて頂いたり、あるいは精神的にリラックスし感情をコントロールするための様々なテクニックを練習したりとそれぞれの方の状況に応じた計画や方法をご提案させて頂きます。

質問 3: カウンセリングにはどのくらい通えばよいのでしょうか?
 本センターでは特にこちらから面談回数を指定するようなことはしておりません。基本的に日本人の方の場合には、それぞれのご要望や状況に応じ対応させて頂いております。 試しに一度だけカウンセリングを受けてみて、それで気持ちがすっきりされたという方もいれば、二週間おき、あるいは遠方からだと数ヶ月毎に一度ご来訪頂く方もいらっしゃいます。 その一方、カウンセリングにも保険が適用される米軍関係者や日本へ出張中の海外の方などでは、保険会社から直接この方は6回、こちらの方は3回などと指定される場合もあります。

質問 4: 相談内容や個人情報などはきちんと守ってもらえるのでしょうか?
 当カウンセリングセンターでは全米カウンセリング協会の厳しい倫理規定に則り、個人情報や秘密の保持をしっかりと行います。原則として例え裁判所などから依頼があったとしても相談内容の公開を拒否できることになっています。 但し例外もあり、人命や資産に重大な危害が差し迫っていると判断される場合、守秘義務は適用されません。

質問 4: センターに直接行かずに電話やメールでの相談も可能ですか?
 他のカウンセリングルームなどでは電話相談は何分でいくらとかメールは×××円とか謳っている所もあるようです。当センターでも電話やメールでの簡単な受け答えは可能ですが、きちんとしたカウンセリングは難しいと思われます。特にメールなどは通信の安全・信頼性の事もありあまりお勧めできません。どうしてもと言う方はお電話又はメールにてお問い合わせ下さい。料金なども含めご相談に応じさせて頂きます。

質問 5: 健康保険や労災保険はききますか?
 残念ながら現在の日本でカウンセリングは健康保険や労災保険の適用外となっています。当センターではできるだけ多くの方に気軽にカウンセリングサービスをご利用頂けるよう料金設定させて頂いております。

▲ページトップに戻る